美容・健康

頭皮をケアして顔のたるみを防止しよう!白髪や抜け毛対策、小顔効果も。

自分の若かりし頃の写真を見て、

「今より顔がちっちゃいなあ」、

と思ったこと、ありませんか?

免許証を5年おきに更新するたびに顔が大きくなっている…

体重の増加も関係していますが、昔に比べて顔がタテに大きくなっているようであれば、
残念ながら加齢によるたるみが原因です(涙)。

以下の項目に一つでもあてはまることがある人はぜひ頭皮のケアを習慣にして小顔を目指しましょう。

□ アラフォーになり二重あごが気になりだした。

□ 猫背気味。

□ 気づくとスマートフォンをずっと見ている。

□ 美容室で頭皮がかたいといわれたことがある。

□ 顔がむくみやすい。

□ ズバリ、顔のたるみが気になる。

頭皮のケアで顔のたるみを改善できるのはなぜ?

頭皮はなぜたるむ?

頭皮がたるむ原因は紫外線です。

お肌を老化させる要因の一つが紫外線であることは多くの方がご存じかと思います。

これは、紫外線がたんぱく質を含む美肌成分コラーゲンを分解してしまうからです。

体のなかでも紫外線をおおく浴びているのが頭皮。

頭皮は紫外線によるたるみの影響をうけやすい場所といえます。

頭皮のたるみ防止に日傘や帽子は必須ですね!

頭皮のたるみと顔のたるみの関係

“頭皮と顔の皮膚は1枚でつながっている”という話はよく聞くようになりました。

これに加え、

“頭皮が1mmたるむと顔が1cmたるむ”

とのいわれもあるそうです。

たるんできた顔の皮膚の上に、頭皮のたるみがのしかかってきたら、、、。

想像するだけでおそろしい。

顔のたるみは、顔の筋力の衰えも原因の一つですが、頭皮のたるみも大きな原因となっていることがわかります。

頭皮のケアをして顔のたるみやくすみ、老け髪を食い止めよう

これまでのお話で、頭皮のたるみが顔のたるみを増長させることがお分かりいただけたと思います。

ではいったいどうすれば頭皮のたるみを防止できるでしょうか。

頭皮ケアのポイント

頭皮のたるみをケアするためには、次の3つが必須です。

  1. 頭皮を保湿する
  2. 頭皮の血行をよくする
  3. 頭皮を柔らかくする

くり返しになりますが、頭皮をケアすることで顔のたるみを防ぐことができます。

プラス、頭皮のケアにより髪に栄養がいきわたるため若々しい美髪を取り戻すことも可能です。

頭皮を保湿する

まず、乾燥する季節は洗浄力の強いシャンプーは控えましょう。

そして頭皮の保湿剤を使用します。

顔には化粧水で保湿をするけれど、頭皮を保湿する方は少ないようです。
(かくいう私も頭皮の保湿ケアはしていませんでした)

ドラッグストアでお手頃価格で手に入る頭皮用の保湿剤もあります

キュレル “頭皮保湿ローション”を見てみる

冬場は特に頭皮の保湿をしましょう。

頭皮の血行をよくする&頭皮を柔らかくする

頭皮の血行を良くし、頭皮を柔らかくするために、ヘッドスパは有効です。

最近ではヘッドスパをおこなってくれる美容院も増えていますのでプロにおまかせしてみるのもよいでしょう。

ただ、時間的・金銭的に頻繁に美容院でのヘッドスパを受けることは難しい方がいるかもしれません。

小さな子どもがいると髪を切りに行く時間を確保するだけでも一苦労。

子どものためにお金もとっておきたいし…。

であれば、自宅で頭皮のマッサージやブラッシングを習慣にすることをおすすめします。

何ごとも継続すれば効果はあらわれるものですよね~。

頭皮マッサージやブラッシングをして顔のたるみを防ぐケアをしましょう。

頭皮の血行をよくする頭皮マッサージや頭皮のブラッシング方法をご紹介します。

効果的な頭皮マッサージの方法

頭皮の血行をよくし、頭皮を柔らかくするために自分で頭皮をマッサージすることもよい方法です。

マッサージの方法は、POLAの頭皮用育毛剤“グローイングショットBA”の使用方法を参照しました。
なお、同商品の説明書に掲載されているイラストをお借りしています)

ぜひ読み進めながら頭皮マッサージをしてみてください。

【STEP 1 ほぐす】
指の腹で頭皮のコリをもみほぐす。

【STEP 2 ながす】
こめかみ周辺を手のひら全体で3秒間圧迫し、手を離す。

【STEP 3 あげる】
頭頂部に向かって引き上げるように指先全体で髪の生え際を軽くにぎる。

後頭部⇒側頭⇒前面の順番に行う。

最後に、指先で交互に頭皮をつまみあげる。

頭皮のブラッシングでたるみやくすみを改善しよう

頭皮マッサージとあわせて頭皮のブラッシングも行うとさらに頭皮の状態は良くなります。

頭皮のブラッシングを習慣化させるために、まずは頭皮全体をまんべんなく1日100回ブラッシングをしましょう。

100回、と聞くと引いてしまう人もいるかもしれませんが、ほんの数分で終わりますよ。

100回が大変であれば少ない回数でもとにかく毎日行うことが大切です。

  • 髪を乾かしてからブラッシングする
  • 少ない回数しかできなくてもとにかく毎日継続する

ブラッシングを行うタイミングは生活の中で時間に余裕があるとき

なのですが、

  • 朝目覚めたときのブラッシング・・・ブラッシングで頭皮から血液が循環し、すっきりした朝を迎えらる
  • シャンプーをする前のブラッシング・・・ブラッシングにより汚れが浮き上がり、汚れが落ちやすくなる
  • 夜寝る前・・・頭皮にたくさんあるツボをブラッシングをすることで刺激し自律神経を整えることで深い睡眠効果が期待できる

と、ご自身の期待する効果が得られるタイミングでブラッシングをするのもよいでしょう。

なお、頭皮の血行がよくなると顔のむくみもとれます。

むくみ解消による小顔効果もあることも頭皮のブラッシングのうれしい効果です。

頭皮のブラッシングは薄毛や白髪の防止にも効果的

ブラッシングを1日100回、毎日行うと、頭皮の血行が促進され、髪にも栄養がいきわたるようになります。

すると抜け毛や白髪を防ぐことができます。

アラフォー必見!頭皮のブランシングケアで顔のたるみを改善し小顔になる君島十和子流ブラッシングとおすすめのブラシ。

ちょうど私が育児休暇中の2016年10月、平日の昼間に放送された情報番組に出演していた君島十和子さん。
この時に紹介していた十和子流・頭皮のブラッシングの方法をご紹介します。

君島十和子流 頭皮のブラッシング方法

50代ながら透き通った引き締まったお肌とつやのある美髪は日々のお手入れの賜物。

十和子さんの美の三大テーマは、「髪・化粧・衣装」だそうです。

頭皮のブラッシングを行うことで髪はもちろんお肌も美しくたもっているのだとか。

お顔のマッサージはしないそうです。

十和子流・ブラッシングは2本のブラシを使います。
(ブラシは後ほどご紹介します)

【十和子流ブラッシング】

  1. 下を向いて上から下に向かって全体をブラッシング
  2. 耳の上から後頭部に向かってブラッシング
  3. こめかみから頭頂部に向かってブラッシング>
  4. 頭頂部を前から後に向かってブラッシング
  5. 耳の後ろから後頭部に向かってブラッシング
  6. うなじから上に向かってブラッシング

老け顔・老け髪を食い止いめるおススメのブラシ

十和子さんが毎日の頭皮ブラッシングで使用しているブラシは2本。
【ACCA KAPPA “プロテクション946”】

【貝印 ”スカルプケアブラシ”】
※十和子流ブラッシングの①~⑥のうち②~⑥で使用。

【MASON PEARSON (メイソンピアソン)】
ヘアブラシ界のロールスロイスといわれる高級なブラシのブランドMASON PEARSON (メイソンピアソン)



なかでもおすすめは、しっかり頭皮マッサージをしてくれる“ブリッスル”シリーズです。
エクストララージブリッスル

エクストラスモールブリッスル

まとめ

頭皮は紫外線によるダメージがたるみにおおきく影響すること。

そして頭皮のたるみが顔にのしかかるように負担をかけ顔のたるみにつながること。

これらを防止するために手軽に自宅でできる方法の一つががブラッシングです。

歯磨きをするように習慣的に毎日おこない、若々しい髪とお肌を保ちましょう。