英語学習

英語のスピーキングを上達させたいならライティングも強化しよう!

英語を話せるようになりたいと思い、いざ英会話スクールへ。

短い会話のキャッチボールはできるようになったけど、まとまった文書のキャッチボールはなかなか…

そんな方には、英語のアウトプットをライティングでも練習することをおすすめします。

英語のスピーキング力を伸ばすのにライティングを強化することをおすすめする理由。

英語のスピーキング力を伸ばしたいのに、なぜライティング力をつけるべきなのでしょうか。

それは自分の頭で英文を作り上げた訓練になるからだよ。

短い会話のやり取りならばできる…

海外旅行だったり英会話スクールでは、単語を発すれば言いたいことをわかってもらえるんだもぉぉんっ。

でも、ある程度まとまったことを言おうとすると行きづまってしまう。

その原因は、

  • 単語・熟語や文法の知識が十分でなく文章をつくれない
  • 前置詞に自信がなく途中でつい黙ってしまう

ではないでしょうか。

会話は相手とのキャッチボールなので、英文を頭で考えて声に出すのは英会話のビギナーにとってはとっても大変。

でも、ライティングなら

  • じっくり時間をかけて単語や文法などを文字にして英文を考えることができる。
  • どの前置詞を使うべきかを調べながら正しい英文をつくることができる。
  • 繰り返しライティングを続けることで自然と英文が作れるようになる。

もちろん、1,2回英語を書いてみたからといって、ライティング力ひいてはリスニング力がすぐに向上することはありません。

英語で日記をかいてみる、という内容の本がむかし売れていたことがありますが、誰に添削されるでもなく、日記を書きつづけるだけでも力はついていきます。

もし書いた英文を添削してくれる人がいるのであれば、もっと早く向上するのでぜひお願いしてみてください。

わたしは英文メールを毎日のように打ちつづけたらスピーキング力がアップしました

実際にわたしの英語でのスピーキング力がアップしたのは、仕事で毎日英文メールを書きつづけたからだと実感しています。

わたしは残念ながら、帰国子女でもなければ、海外に留学した経験もありません。

気づいたらバイリンガルだった、みたいな帰国子女じゃなくて本当に残念だった…(涙)

なので、転職をするときに、なんとか独学でTOEICのスコアをそこそこ上げて英語をつかう職場への転職を果たしました。
(TOEICを独学してスコアアップしたときのお話は↓こちら。)

TOEIC600点台の人へ。公式問題集でTOEICのスコアをアップさせる方法。TOEICのスコアがなかなかあがらない、と行きづまってませんか。TOEIC公式問題集1冊にしぼって勉強をし、約1ヶ月半で110点スコアがアップさせた私の勉強方法をお伝えします...

でも、英会話の経験があまりなく、英語で電話をしなくてはいけないとき、

「うぅ…」と無言になってしまったり…

英語を話して伝えなくてはいけなかったことがどんなに苦痛だったか。

旅行や英会話スクールとは違い、相手は言いたいことを察して優しくフォローなんてしてくれないのです。

ただ、わたしの仕事は、幸か不幸かメール8割、電話2割です。

なので、ネット上の辞書で調べながら、とにかく毎日英文メールでビジネスのやり取りをしていました。

すると、どうでしょう。ふと気づけば、

  • 英語の文章をつくる時間がびっくりするほど短くなった。
  • くり返し英文メールで使っていた英文を中心に自然に覚えることができていた。
  • 英語を考えながら話す能力がついていた。

結果、英語の電話でびびることなく余裕をもって言いたいことを伝えられるようになっていました。

オンライン上の辞書を存分に活用して英語のライティング力とスピーキング力を鍛えよう!

仕事で英文メールを書くとき、誰かが手取り足取り内容をチェックしてくれる恵まれた環境はあまりないでしょう。

例文がたくさん出てくるオンライン上辞書を活用するといいですよ。

私もとにかく相手に自分の英語が伝わるように、自信のない部分はオンライン上の辞書で確認していました。

辞書を使うならオンラインの辞書がぜったいおすすめ。
なぜなら、自分の伝えたい表現に近い例文を無数の例文のなかから見つけることができるから。

英単語を入力して一緒につかうべき前置詞を確認したり

【おススメのオンライン辞書】

  1. 『weblio翻訳』 https://ejje.weblio.jp/sentence/
  2. 『DMM英会話 なんてuKnow』
  3. 『英辞郎 on the web』

①②③のいずれも無料です。

そしてどれも英⇒日、日⇒英で調べることができます

①『weblio翻訳』は例文がとにかく豊富。

②『DMM英会話なんてuKnow』は誰が解説しているかがわかるので信頼できそうな方の表現をつかうことができます。

③も『英辞郎 on the web』は
語学学習で有名なアルクの無料版「英辞郎 on the WEB Pro Lite」に登録すると15万件もの例文をみることができます。

なお、③無料版「英辞郎 on the WEB Pro Lite」を使うには、アルクへの登録(無料)が必要です。

無料版「英辞郎 on the WEB Pro Lite」を登録すると30日間は有料版と同じ検索ができます。

無料版でも十分ですが、英辞郎には例文が122万件もある有料版の英辞郎なら無敵!

公式サイトを見てみたい方はこちら↓。


1ヶ月300円とカフェでコーヒー1杯分のお手頃なお値段。
年間申込なら月額払いより300円お得です。

そしていま、
2020年2月29日23:59までに新規入会者下方にはAmazonのギフト券が当たるチャンスが!!!
詳しくはこちら↓


無料版「英辞郎 on the WEB Pro Lite」を試してみる。

そしてキャンペーン期間内に、有料版「英辞郎 on the WEB Pro」を申し込む。

キャンペーン中の今なら、無料版でお試し後に有料版をに乗りかえ、Amazon ギフトを狙うなんてこともできますね。

英会話スクールとライティングの勉強を並行してスピーキングの力はグングン伸びる

わたしは、だいぶ昔に英会話スクールに週1回ペースで半年ほど通ったことがあります。

自宅でも受けることのできるオンライン英会話がなかった時代です。

授業料も高く、週1回がせいぜい。

わたしは英会話スクールの授業を受けて満足していました。

よく耳にするダメな事例ですね。

言葉は繰り返し使って覚えていくものなので、スピーキングが上達するわけはありません。

週1回の英会話スクールでも毎日英語のライティングを行なっていれば…

英会話スクールの授業を生かすことができたに違いありません。